良いワイン造りは、良い畑から

ごあいさつ

余市川の左岸に位置する仁木町旭台。地名のとおり、朝日があたる土地に、ル・レーヴ・ワイナリーはあります。
2015年に苗植えを行い、2018年秋に初収穫。1.9haの畑では、低農薬で除草剤を使用せずに丹精込めてぶどうを育てています。
高台に上ると、余市川を眼下に見ることがき、気持ちの良い風が吹き抜けます。

3~6月
新芽の伊吹と生命の力強さを感じさせる時期。
小さなぶどうの花は、よく見ないと見落としてしまいそうです。

7~8月
眩しい陽の光を存分に浴びて、すくすくと成長するぶどうの枝や葉やぶどう達。ぶどうの品種によって、葉や枝の色が違うのは知っていましたか?そんな違いをじっくりと見て回るのも一興です。

9〜10月
いよいよ収穫の時期です。
ぶどうの葉は絶景です。赤用のぶどう品種は赤く紅葉し、白用のぶどう品種は黄色に紅葉します。

11〜2月
白銀に覆われた世界。支柱となる柱だけが頭を出しています。
雪解けが待ち遠しい、そんな時期です。